皮膚線維腫(ひふせんいしゅ)

皮膚線維腫 dermatofibroma 茶色のできもの しこり

からだや四肢にできる5mmから1cm大くらいの茶色(褐色)の少しもりあがった
できものです。触れると少し硬いですが痛みはありません。原因は不明ですが、虫刺されや
ケガのあとにできることもあり、中高年の女性のふとももやすねで”しみ”や”色素沈着”として
来院される方が多い印象です。良性腫瘍ですので、気にならなければそのまま様子をみても
構いませんが、大きくなってきていれば早めに切除した方がきずあとが目立たないのと
場合によっては他の腫瘍(悪性)との鑑別も必要になってきます。

通常はみためと触診、ダーマスコープといわれる皮膚観察用の光レンズ
による観察で診断がつきます。
下肢の皮膚は緊張が強く、特に膝周囲はきずあとが赤くもりあがりやすい
(ケロイド)ため切開の方向や縫合方法に注意が必要です。

皮膚線維腫の切除は経験豊富な、解剖を熟知した形成外科医
による手術をおすすめします。

~当院での治療の流れ~
手術日時の決定、同意書のお渡し、血液検査
 ↓
手術当日、手術室で消毒のあと、局所麻酔の注射
手術(大きくなければ20分くらいで終了)。
当日は入浴、飲酒は禁止。
 ↓
翌日、ガーゼ交換
(経過がよければ、入浴可。以降自宅処置。)
 ↓
術後1週間後、抜糸。
 ↓
術後1か月後、きずあとチェックと病理検査の説明
料金は保険適応で、部位やサイズによって異なります。
3割負担で
顔などの露出部で2cm未満なら、約9,000円(病理検査代含)
背中などの非露出部で3cm未満なら、約7,000円(病理検査代含)

手術給付金について

生命保険会社や共済組合などの医療保険に加入されている方は手術給付金が受けられることがあります。
加入している生命保険会社、共済組合などがあれば御確認下さい(手術名は皮膚皮下腫瘍摘出術になります)。
医師の診断書が必要な場合は受診時に必ずお伝えください。

 

 

次の記事

石灰化上皮腫 毛母腫