ほくろ 黒子

ほくろ ホクロ 黒子 母斑  明石朝霧 
舞子 大蔵谷 垂水区 西区 皮膚科 形成外科

 ほくろには大きさや色によっていろいろな種類があります。
大きさや部位によって、レーザーでとれる場合と手術でとるほうがきれいになる場合とがあります。ほとんどの場合良性ですがどんどん大きくなっている、まわりに染み出しているなどの特徴がある場合悪性(メラノーマ)の可能性もあるため注意が必要です。小さなホクロでレーザーでとる場合は自費治療になりますが、病理検査が必要になる手術では保険適応になります。
レーザーと手術では治療後の処置や経過が異なります。

さらに詳しいQ&Aはこちら

~当院での治療の流れ~
①レーザー治療の場合
とりたいホクロの部分を消毒したあと局所麻酔の注射
 ↓
炭酸ガスレーザーで焼き切る
 ↓
軟こうを塗って、肌色のテープを貼る
(当日から洗顔可。テープの上からのメイクも可。)
 ↓
1週間後、外来受診

 

料金
レーザー(自費治療)
小さいホクロ(4mm未満) 1個 5,500円
大きいホクロ(4mm以上) 1個 7,700円
              (税込、お薬・テープ代別途)
 
②手術治療の場合
手術日時の決定、血液検査
 ↓
手術当日。とりたいホクロの部分のマーキングのあと消毒、局所麻酔の注射
 ↓
切除手術(約15分)。
 ↓
ガーゼをあてる。化膿止め、痛み止めのお薬処方。
当日は入浴、飲酒禁止。
 ↓
翌日、ガーゼ交換
(経過よければ入浴可、以降自宅処置)
 ↓
1週間後抜糸。テーピングの指導。
 ↓
1か月後、きずあとの確認と病理検査の説明。
 
料金
 
手術治療(保険適応)
部位やサイズによって異なります。
3割負担で
顔などの露出部で2cm未満なら、約8,000円(病理検査代含)
背中などの非露出部で3cm未満なら、約7,000円(病理検査代含)