みずむし 爪みずむし

みずむし 水虫 白癬 足かゆい 爪水虫 爪が白い 明石 
朝霧 舞子 大蔵谷 垂水区 西区 皮膚科 形成外科

皮膚の角質を栄養にする白癬菌というカビが原因でおこります。
皮がむけたり、ジュクジュクしたり、水ぶくれになることもあります。足だけでなく頭や爪にも感染することがあり、顕微鏡の検査で調べます。
塗り薬や飲み薬で治療しますが、足をなるべく清潔にしてスリッパやバスマットを家族で共用しないなどの注意が必要です。

 

 爪が白や黄色く濁ったり、分厚くなったりする場合、爪みずむし(爪白癬)の可能性があります。顕微鏡の検査で白癬菌がいないか調べます。
塗り薬と飲み薬がありますが、きれいな爪に入れ替わるまで足の爪の場合は1年以上かかります。内服薬の方が治癒率は高いですが、血液検査の必要性や他の薬との飲み合わせに注意が必要です。

さらに詳しいQ&Aはこちら

前の記事

じんましん 

次の記事

いぼ