眼瞼下垂(がんけんかすい)

眼瞼下垂 がんけんかすい まぶたが重い まぶたが開きにくい  明石朝霧 舞子 大蔵谷 垂水区 西区 皮膚科 形成外科

 眼瞼下垂には生まれつきの先天性眼瞼下垂と加齢に伴う眼瞼下垂があります。加齢によるものでは、ハードコンタクトの長期装用によるもの、こすりすぎなどでまぶたを挙げる筋肉がうまく機能しない場合と、皮膚の垂れ下がりが原因によるものとがあります。まぶたが黒目にまでかかって機能的に問題のある場合は保険適応での手術が可能です。手術により視野が広がるだけでなく、頭痛や肩こりが改善する事もあります。

より詳しいQ&Aはこちら

保険適応の手術はまぶたが瞳孔にかかって、視野に問題がある場合です。
まぶたを開く筋肉を処理する方法と余った皮膚を切除する方法があります。

料金 3割負担の場合の自己負担
筋肉を処理する方法 片側 約23,000円 両側 約46,000円
皮膚を切除するなどの方法 片側 約20,000円 両側 約40,000円

 

~当院での手術の流れ~

座った状態でまぶたにマーキング

 ↓

横になって消毒、局所麻酔をまぶたの皮膚に注射

 ↓

手術時間は片側約30~60分(手術内容によって異なる)

 ↓

軟膏を塗って上まぶたにガーゼをあてる
(目立つので大きめのサングラスや帽子を持参してください。
当日は入浴・シャワー・洗髪できない。)

 ↓

翌日来院、ガーゼ交換
(状態が良ければシャワーOK)

 ↓

1週間後抜糸

前の記事

わきが 腋臭症