耳瘻孔(じろうこう) 

耳瘻孔 じろうこう 耳の前の穴 
明石朝霧 舞子 大蔵谷 垂水区 西区 皮膚科 形成外科

生まれつき耳の前にある小さな穴を耳瘻孔(じろうこう)と言います。見た目は小さい穴ですが皮膚の下でアリの巣のように深いトンネルになっていて、その中に角質がたまりやすく感染すると赤くはれて膿が出ます。
感染せずに経過することもありますが、はれてくる、臭い内容物がでてくるなどの場合は押し出して一時的におさまっても
繰り返すことが多くなります。感染がひどくなると内服薬だけではおさまらず、麻酔をして皮膚を切開して膿を押し出し、洗浄する処置が必要になり、連日の通院となってしまいます。また感染を繰り返した場合は根治のための手術も傷跡が大きくなる、術後感染しやすくなる、再発率が高くなるなどの問題もでてきます。なるべく感染する前に手術でトンネルごと切除することが重要です。

当院における手術治療の流れ

外来受診

 ↓

手術の説明、手術日の予約、血液検査

 ↓

手術当日

 消毒、麻酔の注射(局所麻酔)、手術時間は30~40分、ガーゼをあてる

(抗生物質、痛み止めの内服、当日は入浴・洗髪・飲酒はできません)

 ↓

翌日 ガーゼ交換

 ↓

術後7日目 抜糸

 ↓

術後1か月 経過チェック

手術費用 3割負担で約15,000円

次の記事

ピアストラブル